第10期のボランティア募集中

日本の文化と原爆被爆の体験をアメリカの若者達に語り伝える、ネバーアゲインキャンペーン(略称NAC・ナック)が創設25周年を迎え、今春、第10期のボランティアを募集します。

NACは、アメリカ、マサチューセッツ州で教鞭を執るドナルド・レイスロップ教授(平和学)らが、1985年に提唱したキャンペーンです。選出されたボランティアは、3ヶ月にわたり、アメリカ各地の学校や教会などで、日本文化紹介を兼ねた、原爆映画の上映会を行います。渡航費や保険料等は自己負担ですが、現地(アメリカ)のボランティアが食事及び住居を提供します。

応募資格の制限は特にありませんが、意思疎通が可能なだけの「基礎的英会話能力」が必要です。ボランティアは2010年8月5日から8日まで広島と長崎で実施される合宿に参加の後、2011年1月もしくは2011年9月の出発まで通信トレーニングを受け、研修を積んで頂きます。

応募希望の方は下記添付の募集要項を熟読の上、ご応募ください。
書類審査の上、2010年3月下旬来日予定のレイスロップ教授夫妻と、日本側事務局が、全国6ヶ所で面接を行い、5名程度を選出します。各面接会場ではキャンペーンの詳しい説明会を行います。

皆様のご応募、お待ちしております!!!

応募提出書類
1.履歴書(写真付き)1通
2.志望動機書(日本語・英語)それぞれ1通、千字程度のもの
上記をメールにてNAC事務局に送信してください。

応募締め切り
2010年3月20日(土)
 
★ボランティア応募を考えている方へ!!★
応募を考えている方、NACについてもっと知りたい方は
NACの提唱者の一人、北浦葉子が執筆した『チャンスの前髪をつかめ=ヨーコのアメリカ大陸平和行脚=』を読んでください!!
amazonなどで購入できます。







ĉ
Staff NAC,
2010/01/31 5:37
Comments